[レビュー] Apple AirTag 紛失は防げても、置き忘れは防げない?

Apple_AirTag_review-1

2021年4月30日発売の、アップルによる紛失防止タグ「AirTag」を入手しましたので、その設定の流れや使用感などをレビューしていこうと思います!

価格と必要なもの

AirTagは1個3,800円(税込)、4個セットで12,800円(税込)で購入できます。iOS 14.5以降をインストールしたiPhone、iPod touch、またはiPadOS 14.5以降をインストールしたiPadでペアリングして使うができます。

Apple_AirTag_review-2
ミケ犬は4個セットを購入しました。

何ができるの?

AirTagはいわゆる「紛失防止タグ」です。財布や鍵、リュック、さまざまなものに取り付けることで、万が一、大切な身の回りの品を見失ってしまったときに活躍します。

いざ、身の回りの品を探したくなったら、iPhoneやiPadに入っている「探す」アプリでAirTagから音を鳴らしてその所在を探したり、U1チップ内蔵のiPhone11以降のモデルであれば、その方向を正確に探知しながら見つけることができます。

Apple_AirTag_review-10

設定の流れ

AirTagの設定は実にシンプルです。

  1. シールを剥がして電池を有効化する。
  2. 自分のデバイスの側に近づけて、設定開始。
  3. AirTagの名前を付ける。テンプレートから選んでもよし。カスタムでも付けられます。
  4. Apple IDと紐付けがされて完了。

感想 “紛失は防げても、置き忘れは防げない?”

設定もスムーズ、目的も明確。キーケースや財布など、とにかく無くしたら困る!ものには最適な製品だと思います。

しかし、個人的には「惜しい」と思うことが一点。

親となるiPhoneとAirTagが離れた際には、とくになにも通知がされません。つまり「あれ?どこいった?」と紛失に気づいた瞬間には役に立ちますが、「あれ?どこいった?」の前に知らせてくれることはしないわけです。

これがタイトルにある「紛失は防げても、置き忘れは防げない?」という点で、個人的には一番欲しかった機能なのです。

基本、AirTagは一緒に持ち運ぶ貴重な品に付けるものですからね…そもそも身の回りから離れた瞬間に知らせてくれたら一番だと思うわけです。

ただ、不確定な情報ではありますが、Developerつまり開発者向けの資料では、今後のファームウェアアップデートでそのような機能が追加される予定?という情報もあるので気になるところです。それが実現したら最高の紛失(置き忘れ)防止タグになるはず!

以上、ミケ犬によるアップルAirTagのレビューでした!少しでも参考になれば嬉しいです。

Apple_AirTag_review-1
最新情報はtwitterにて!