[レビュー] BUNDOK バンドック 二合飯盒 – ソロキャンプにピッタリなコスパ最高の飯盒2型!

こんにちわ!ミケ犬です。

少しずつ暖かくなってきましたが、みなさんキャンプしてますか?冬から春の切り替わりの時期のせいか、風の強い日が続いてボクは2ヶ月キャンプに行けてません・・・シクシク(/ _ ; ) ですが、いつでもキャンプに行けるように準備 (という名の無駄使い) は欠かしてませんよ!

キャンプといえば「おしゃれで美味しいキャンプ飯」を想像する方も多いかと思いますが、ミケ犬はキャンプ飯の優先順位がだいぶ低め (笑) いつも肉を焼くか、鍋にするか、カップラーメン食べるか・・・くらいの選択肢しかありませんでした。あとはお酒とおつまみさえあればヨシ!

そんな中、ちょっとでも料理のバリエーションを増やせたらいいなぁ〜なんて思っていた矢先、BUNDOK (バンドック) から非常にコスパの高いクッカーが発売されたではありませんか!それが今回ご紹介する “BUNDOK バンドック 二合飯盒

今までも飯盒炊飯には興味があったのですが、価格もあってなかなか一歩踏み出せずにいた中、なんと3,000円前後で買える飯盒2型が発売されたと聞いて、早速購入&調理してみましたのでレビューしていきます!

created by Rinker
BUNDOK(バンドック)
¥3,480 (2024/04/22 06:29:12時点 Amazon調べ-詳細)

BUNDOK バンドック 二合飯盒とは

改めまして、今回レビューするのは BUNDOK (バンドック) から発売された「二合飯盒」、いわゆる2合ほどの炊飯ができる「飯盒2型」に該当する飯盒です。機能性と使い勝手の良さはもちろんですが、ソロキャンプに丁度良いサイズ感、そしてなにより見た目のカッコ良さは男心をくすぐりますね!

今まではMOOSE ROOM WORKS、Rothco、エバニューといったメーカーが製造・販売をしていましたが、どれも10,000円前後する高価な代物ばかり・・・ボクみたいな「料理するといっても肉かカップ麺かレトルトか」みたいなタイプには、正直なところ贅沢品という感じでした。

しかし!今回の “BUNDOK (バンドック) 二合飯盒” はなんと3,000円前後で買えるというじゃないですか。これは試してみる価値アリアリのアリということで購入を決断。まだまだ大人気で在庫が安定していない様子ですが、たまたま地元のショップに売ってたので助かりました!

 
ミケ犬
もしこれでレシピも増えて、使う頻度が高くなったら本格的な飯盒にもチャレンジしてみたいな〜なんて。これぞキャンプ沼。

BUNDOK バンドック 二合飯盒の詳細をチェック

  • こちらが正面、のはず。

まずは外観から見ていきましょう!これは至ってシンプル。オーソドックスな飯盒の形状です。カッコいいですねぇ。

ただ、写真でも見てわかるレベルで取手や掴みの部分にやや “歪み” があります。とはいえ使用時には問題ないですし、3,000円前後のコスパ製品ということもあるので、これは仕方ないかな・・・と思うようにしています。神経質は人はちょっと気になっちゃうかな?

 
ミケ犬
キャンプギアは傷つく、汚れる、壊れてナンボ!だからこそ愛着が湧くってもんよ。
  • 本体、中ふた、ふた、の3つ。

お次は中身です!飯盒2型といえば、水蒸気炊飯や2段同時調理といった効率的な調理ができることでキャンパーに絶大な人気を誇っているわけですが、BUNDOK (バンドック) 二合飯盒ももちろん同じです。

写真2枚目の通り、中ふたにスリットが入っているおかげで、本体で炊飯→中ふたでおかず。本体でおかず→中ふたで炊飯。などなど、様々な調理方法が可能になっています!

 
ミケ犬
検索してみると、親子丼とかシュウマイとか、いろいろできるんだねぇ。これはハマりそうかも・・・。

自分が忘れないように使用方法も掲載しておきます (笑) と言っても、それぞれに目盛り線がついているのでよっぽど大丈夫かと思いますが・・・念のため、ね。

水蒸気炊飯でカレー同時調理に挑戦!の下準備。

カレー同時調理!とか言っちゃってますが、要はレトルトカレーを湯煎しながらご飯を炊くという、一番代表的な時短レシピです (笑) とはいえ、アウトドアでカレーは間違いない組み合わせだと思うので、これがどれだけ手軽にできるかご覧いただきましょう!

なお、二合飯盒を調理に使う前にはしっかり洗って準備しましょうね。

今回、BUNDOK (バンドック) 二合飯盒で実食するのは、こちらのレトルトカレー!ローソンで見つけた300円する高級品です (笑)

中ふたには1合分のお米を入れ、30分ほど浸水させました。過去にメスティンで炊飯した時もこの浸水というプロセスが非常に重要だったので、お腹が空いているからといって手を抜かずしっかり時間をかけるのをオススメします!

 
ミケ犬
初めてメスティンで炊飯したときは、空腹で焦るがあまりカチカチのご飯を食べることになったっけ・・・良い思い出だ。

中ふたでの炊飯の水量については、だいたい目盛りの真ん中あたりにくる程度にしてみました。お米はちょっと硬めの方が好きなので、結果的にこれで丁度良かったと思います!

レトルトを温める本体側の水量については、レトルトパックがある程度水に浸かる必要があるので、2合炊き用の目盛りを目安にしてみました。あまり水が多いと沸騰した時に溢れそうですし、少ないと温めが不十分になりそうだなと悩んだのですが、結論これで正解でした!

水蒸気炊飯でカレー同時調理に挑戦!の本番。

さて、いざ調理をスタートしていきます!

まず最初は、レトルトを入れた本体を火にかけ、沸騰するまで待ちます。レトルトの加熱時間が7-8分となっていることを考えると、あとで入れるのでも良いのかな〜?とは思ったのですが、温まりすぎることで悪くなることはないだろうと変な自信があって最初から入れておきました (笑)

本体の水が沸騰したら、中ふたとふたを取り付け、弱火で30分。ここから先は美味しく出来上がることを祈って待つだけ!炊飯の終盤には、ふたの隙間から水が滴り落ちる様子が見られて気分は最高潮に・・・。

30分経ったので、中はどんな様子だろうとふたを開けてみると・・・すっごくイイ感じ!←多分ホントは開けない方がいい。

食べたい気持ちを抑えて、ここは一旦ふたを閉めて蒸らしのステップに入っていきます。

蒸らしのステップは10分。メスティンだと保温用のケースに入れたりしますが、飯盒は本体側のお湯がしっかり中ふたを温めてくれるので、置いておくだけで蒸らすことができるのが手軽で良いですね!

あ、ちなみに取手は見事にバーナーの火で塗装が溶けてしまいまた (笑) これも味ということで・・・。

無事、水蒸気炊飯でのカレー同時調理が成功しました!ふたをお皿にできるので、カレーライスっぽく盛り付けてみました。そら豆のような飯盒の形状がおかげで、テーブルにうまいことフィットさせて置けるのも嬉しいポイントの一つですね!

いやぁ、しかしなんで外で食べるカレーはこんなにも美味しいのでしょう。レトルトだし、ベランダだし、アウトドアって不思議。

 
ミケ犬
最初はどうなるかと思ったけど、本当にただ待つだけでこのクオリティのご飯が食べられるとは・・・いろんなレトルトを試したくなってきたゾ。

BUNDOK バンドック 二合飯盒 まとめ

今回の記事では、新たに発売された ”BUNDOK (バンドック) 二合飯盒” をレビューしてみましたが、いかがでしたでしょうか?

飯盒というジャンルはなかなかチャレンジする機会がありませんでしたが、こうやって実際に使ってみたことで、いかにそのハードルが低く、使い勝手が良いのか身をもって知ることができました。10,000円前後ではなかなか勇気が出ないかもしれませんが、3,000円前後なら「一度使ってみようかな?」という気持ちで試すことができますよね!

ソロキャンパー、とくに料理は手軽に済ませたい!というタイプの方には本当にオススメできるギアだと思いますので、是非一度手に取ってみてください!最後までお読みいただき、ありがとうございました。

created by Rinker
BUNDOK(バンドック)
¥3,480 (2024/04/22 06:29:12時点 Amazon調べ-詳細)
最新情報はtwitterにて!