これで動画コンテンツを満喫できる。新型 Apple TV 4K (2021)をレビュー!

AppleTV_2021_Review-1

先月発売になった、2021年の新型 “Apple TV 4K” を購入し設置しましたのレビューをお届けします!

一つ前のHDモデルを使っていたので、4K対応はもちろんですが、A12チップ搭載による動作の変化やDolby Vision・HDR、新しいSiri Remote(リモコン)の使い勝手など、以前のモデルとの違いをご紹介しますので、買い替えや新規購入で悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

必要なものを確認

AppleTV_2021_Review-2

まず最初に悩んだのが、4KやDolby Vision、HDRでの動画再生を楽しむには、どんなケーブルが必要なのか?でした。なにせHDMIの規格って色々あって分かりにくいんですよね・・・。

いろいろ調べている中で、比較的分かりやすくまとまっていたなと思えたのは価格.comのページだったので、よかったら読んでみてください。ただ、ここには書いてない「HDMI 2.0b」なるものが存在して、さらに頭を悩ませたのも事実・・・。

しかし調べてみると、大きな違いとしては「2.0a」では “静的HDR” に対応、「2.0b」からは “動的HDR” に対応したってことのよう。”Dynamic HDR” とも呼ばれる、シーン(フレーム)によってHDRの調整を行う技術に対応したのが「2.0b」ということのようですね。

って、どんどん分からなくなってきそうなので、結論「HDMI 2.0a」以降のケーブル買っておけば間違いないって感じみたいです(笑)

ただ僕の場合は、レビューする立場ということも踏まえて失敗したくなかったので、AppleがApple TVと一緒にオススメしている「Belkin UltraHD High Speed 4K HDMI Cable(2m)」を購入しました!Amazonで販売されている他のケーブルとそこまで価格差もないですし、Dolby Vision!って書いてあるのも安心だったので(笑)

あとはテレビ側ですが、去年ぶっ壊れたTOSHIBAのテレビの代わりに、後先考えず購入したのが「Panasonic TH-55HX950」というモデルで、幸いにもHDRやDolby Visionに対応していました。良かった・・・。

同梱物を確認する

AppleTV_2021_Review-4

こちらが同梱物です。

本体のデザインなどは基本的に変わらず、リモコンとなるSiri Remoteの変化が一番大きいですね!また、そのリモコンを充電するためのLightningケーブルと、Apple TV本体のための電源ケーブルがついてきます。

AppleTV_2021_Review-6

今回デザインを一新したSiri Remoteです。

以前のリモコンもスリムかつ黒を基調にしたデザインだったので好みではあったのですが、タッチ操作がしにくかったり、Siriが勝手に動いてしまうといったことも多々ありました・・・が、このようにSiriボタンが横側に移動したので、そういった誤動作は少なくて済みそうです。また、上下左右の移動もクリック感のあるボタンに変更されたので、行き過ぎた!なんてことも起こりにく設計になりました。

あとは地味に便利なのが、以前はなかったミュートボタンや右上の電源ボタンですね。今までだと、電源を切る(スリープ)ときに、いちいちホームボタンを長押しして出てくるメニューから「スリープ」を選ぶという手間があったのですが、今回からは電源ボタン長押しだけでOKです。また、電話がかかってきた時に消音にしたい、なんていうときもボリュームを連打するのではなく、ミュートボタン一発で音声を消すことができるようになりました。

この新しいリモコンだけでも買いですよ、とまでは言えませんが、そういった細かい操作が気になっている人は、こちらのSIri Remote(第二世代)は単品でも購入できますので覚えておくと良いと思います!

AppleTV_2021_Review-5

Apple TV本体の裏側には、電源ケーブル、HDMI、そして有線LANケーブルを指すコネクタが装備されています。

やはり4K HDR動画となるとデータ量も大きいですから、やはり有線によるネットワーク通信の方が安心です。もちろん環境にもよりますが、ミケ犬の自宅環境ですと、WiFiによる最高画質での動画再生は難しかったです・・・。

テレビ側に有線引いておいて良かった(汗)

初期設定をしてみる

AppleTV_2021_Review-7

さて、いよいよ初期設定していきます!

この言語を選ぶあたり、iPhoneなんかとそっくりですね。相変わらず案内に従っていくだけなので、困ることはほとんどありません。

AppleTV_2021_Review-8

ただでさえ簡単なApple TVのセットアップを、さらにスムーズにする仕掛けも備わっています。上の写真のように、iPhoneの持っているAppleIDやWiFiの情報までをも引き継げてしまうんですね!

AppleTV_2021_Review-9

こんな感じで手順にしたがって、iPhoneをAppleTVに近づけるだけでOK。すると、iPhone側に「新しいApple TVを設定」というメッセージが出てきますので、そこから設定を続けていただければ完了です。なんと気の利いた機能でしょう!

AppleTV_2021_Review-10

さらに途中で「おお〜」と感じたのは、接続されているテレビがDolby Visionに対応しているかどうかを、Apple TV側がちゃんと認識できるということでした。

ここで「ドルビービジョンを試す」を押すと、画面が何度か切り替わり、テレビ側の設定も最適なものに変更がされました。ここで最初に述べた正しい規格のHDMIケーブルが使われていないと、何らかのメッセージが出るものと思われます。

AppleTV_2021_Review-11

はい、設定が終わりました!

そしてここでも新たな発見が。最近のtvOSには、Apple TV同士のホームスクリーンを同期する機能が搭載されているようで、以前使っていたApple TVの情報やアプリを自動的にインストールしてくれました。便利だ!

AppleTV_2021_Review-12

そして最後のステップとして、「噂のiPhoneのカメラを使ったカラーバランス調整をやってみるか〜」と思って設定画面を開いてみたのですが、まさかの取り越し苦労となりました。

というのも、さすがDolby Vision。そもそもテレビもケーブルも、Apple TVも正しい規格で通信しているんだから「カラー調整をする必要はありません」というメッセージ。なるほど、そういうもんなのね。ちょっとやってみたかった感じもありますが(笑)

Dolby Vision対応のテレビじゃないよ!という方は、このカラーバランスの設定を是非一度試してみてください!最新のtvOSから可能になった新機能で、iPhoneのインカメラをセンサーとして使ったテレビのカラー調整、業界ではよく「キャリブレーション」なんて呼ばれている調整方法を手軽に試すことができます。実は新型のApple TVだけでなく、tvOSを最新にできるApple TVであれば、過去モデルでも同じことが可能です。

使ってみた感想とまとめ

AppleTV_2021_Review-13

さて、無事に設定も終わり、肝心な使い心地をまとめとしてお話ししましょう!

まず画質についてですが、確かに綺麗になりました。Dolby Vision、HDRのおかげか、白飛びや黒つぶれが少なく、いわゆる映画館で見せられているようなトーンで鑑賞することができます。事実上、コントラストが落ちたことで人によっては物足りなさを感じることもあるかもしれませんが、本来の色味で楽しめるというのは素敵ですね。

また、A12チップのおかげでアプリが全体的にキビキビ動いてくれます!ホームスクリーンに戻るときの待ち時間や、他社製アプリなんかを使っていると、そのパワーを恩恵を受けていることがハッキリと分かります。個人的にはここが一番の不満点だったので、解消できて嬉しい限りです。

ただ、以前のApple TV HDを持っている方が買い替えとなると、あくまでその目的がハッキリしている時だけがオススメと言えそうです。

  1. アプリやゲームの動きが遅くて、イライラする
  2. テレビが4K・HDR対応なので高画質で映画や動画コンテンツを楽しみたい

このどちらかが当てはまらなければ買い替えはしなくて良いというのが正直なところです。

さらに2番の「4K・HDR」については、自分が楽しみたい映画などが本当に4Kに対応しているかどうかも先に調べましょう。事実、iTunes Storeなどで配信されている動画の中で、4Kに対応している作品はごくわずかです。僕の大好きなマーベル・アベンジャーズシリーズは、ディスニーの利権?の問題なのか、まったくもって4Kには対応していません。チクショー!このシリーズこそ4K画質で楽しみたかったのになぁ・・・。

もちろん、4KではなくてもHD画質でDolby Visionの色味を楽しめますから、それでも良いのですが・・・なんかしっくりこないですよね(笑)

ということで、新しいリモコンによる快適な操作と、ストレスフリーなキビキビとした動作などが個人的にはヒット!というのが今回の結論となりそうです。

以上、今年発売された新型 Apple TV 4Kのレビューでした!皆さんの参考になれば幸いです。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥27,636 (2022/09/29 07:12:49時点 Amazon調べ-詳細)
AppleTV_2021_Review-1
最新情報はtwitterにて!